住宅ローンを組むなら

昨日打ち合わせしたお客様は25歳のご夫婦40年ローンで2900万円借りてマイホームを建築中です。毎月の返済額は7万円弱だそうです。65歳には完済できます。もし仮に少し貯めてからと考えてアパート生活を35歳まで続けたとしたら840万円もの家賃を支払い、自分の物にはならないのです。また家賃払いながら貯蓄もなかなかたまりません。35歳からローン35年間で同じ金額借りたら毎月7万4千円強払わなくてはなりません。完済年齢も70歳になります。25歳で戸建てを手に入れた人は840万を自分の資産としてローン返済に充てたことになります。老後も5年間も差が出るのです。若いうちに家を考えるべきです。

宅建業法改正

来年の4月より施行される既存住宅を仲介するときインスペクションの斡旋を義務図けられます。重要事項の説明にインスペクションの有無やインスペクションの内容を説明することが義務付けられます。インスペクションとは建物の性能的な検査を言い、専門の講習を受けた建築士がこれに当たります。既存住宅の流通がスムーズになるよう期待されているシステムです。

今日のお客様は500万円位得したかもしれない

今日契約したお客様は90坪くらいの土地に建物80坪の付いた物件を弊社の仲介で手に入れました。所有者は80坪の古家を壊して更地で売ろうかと不動産屋さんに依頼していたが、なかなか売れないので、どうしようかと私に相談がきました。物件調査をしたところ前面道路に電柱があり車庫に出入りしにくいと言う欠点がありました。そこで古家を半分壊して駐車スペースを十分取り、残り40坪をフルリノベーションすることにしました。新築ベースで考えると土地500万円+建物2200万円とすると2700万円の物件を2200万円で手に入れたことになります。すなわち500万円得したことになるのです。不動産物件は一つ一つ条件が違うので一概に言えませんがこんなことも起こるのです。相談ください。

地盤改良

築80年ほどの建物を壊して新築するのに地盤調査しました。結果は2m下でないと固い地層がないということでした。お客様からすれば80年間も無事に建っていたのに大丈夫でしょうと言われます。しかし最近は瑕疵保険を掛ける都合上地盤調査の上必要ならば改良工事をしないと保険を受けてくれません。大きな地震は今まで経験しなかったから、これからもずっと無いとは保証できないからです。予算がかかりますが最初の見積もり段階で計画するようにしましょう。

不動産が高く売れると謳うサイトは誇大広告か?

買取サイトで有名なのは車の買取サイトです。私は自家用車を買い替えするとき盛んに宣伝している一括買取サイトというものを利用してみました。必要事項を記入して送信すると5社から次々電話がかかってきて査定に伺いますというものです。近隣の会社3社を選び来訪査定してもらいました。結論から言うと何処も同じ査定価格で新車を買うディーラーが10万円ほど高く買ってくれました。盛んに宣伝しているので買取屋さんがかなり高額で買い取ってくれると期待しましたが結局はどこも同じ。考えてみれば相場があって高く買い取ったら高く売らねばならないことになり売却が難しくなる。不動産も同じだと思います。買取サイトの宣伝を鵜吞みにすると面倒に巻き込まれるだけだと思います。

固定資産税

市役所からモデルハウスの固定資産税調査をさせてほしい旨連絡がありました。新築したら必ず固定資産税という税金を払わなくてわなりません。1月1日付の所有者に4回に分けて納入することになります。購入するときは頭になくても必ず請求されるので生活費の一部として計画的に予算建てしてください。ローン返済の他にかかる費用です。

不動産の利用価値

私の知り合いが20年前ほどに1100万円で買った土地を300万円で手放すという、3年前から売りに出しているが売れず、もはや250万円でもよいとさえ言っていました。そこで価格査定システムで検索してみると相場価格は600万から750万円と出ました。200坪でこの価格だから安いといえば安いのです。持ち主にすれば畑をしているがもう疲れたから幾らでも良いとのこと。やはり不動産は利用価値で決まるのでうまく利用できる人がいればよいなと考えています。

相続で取得した空き家の特例

空き家の放置による周辺の生活環境の悪影響を防止するため、また空き家の利活用促進のため古い空き家を売却した時一定の要件のもと、居住用財産の3000万円特別控除が適用されます。要らない空き家を処分するとき気になるのが税金です。去年の4月から31年12月31日まで相続して譲渡した場合先の特例が適用されます。不要財産は早急に処分した方が社会のためになると考えてください。

自宅はいくら?

アイノスの不動産ホームページには自宅を売りたい人が価格査定をするコーナーがあります。不動産査定はいろいろなサイトで沢山ありますがそのほとんどは自宅の住所、氏名、等情報を記入しないと査定が見れないシステムが多いのです。しかしアイノスの査定は一切情報を書かなくても地図上にドロップするだけでよいのです。気軽に試してみてください。

解体費用

最近建替え工事が多く、解体工事の見積もりをします。木造2階建て解体の場合坪当たり28,000円ぐらいで40坪の家だと、ざっと税込み120万円程です。しかしそれだけで収まらない場合があります。先月壊した家には生活用品が山のようにありそれらの片づけ費が40万円も請求されました。また片付け品の中にTV、冷蔵庫等の家電処理にも別途お金がかかります。灯油、塗料、スプレー缶なども別途処理料が必要です。ほかに庭木、石などの和風庭園解体も別途になります。要は家を壊したかったら計画的に不要物を分別して処理しておくことによって、かかる費用を最小にすることが出来ます。