ハウジン・プア

今日の北日本新聞の社説に「住いの貧困」をテーマに取り上げていました。単身高齢者が賃貸を断られるケースがあり、それを上回る空き家の増加を解決するのに政府も対応策を模索しているらしい。しかしこれも相当にハードルが高い気がします。空き家の所有者に早く手放させるような税制を創設して、空き家を持つことが大きな負担となるよう仕向けることが一番である。自己居住の建物以外には不動産価値を認めないところまで踏み込めば空き家の活用は大きく進むと思われる。自己が居住しない建物はいらないのであるから安く手放すべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です