民法第235条

境界線から1m未満の距離において他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側(ベランダ含む)を設ける者は、目隠しを付けなければならない。と民法に謳ってあるのですが、気を付けなければならないのは住宅会社の担当者がこのことを設計段階でお客様に説明せず、隣地境界からの距離を1m未満で設計提案してしまうことです。お客様は建築に関しては素人だから住宅会社の言うままです。引き渡しを受けてから隣人ともめるケースが良くあります。住宅会社は将来お客様が隣家ともめないように配慮した設計提案をするべきです。最近の分譲地で弊社のお客様の敷地境界にあまり近く建てるD住宅に民法235条の件を言ったところそんなお節介なこと言うのがおかしいと開き直られました。こんな業者に頼んだ方は引き渡しが終わってから隣人同士で嫌な思いをさせられることになります。結局業者は引き渡せば知らん顔です。気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です